加齢で髪のボリュームがなくなる理由を知ろう!

年齢が高くなるごとに髪のボリュームがなくなることは間違いありません。

 

10代や20代の頃と比べると、50代60代の髪の毛は頼りない感じがしますよね。

 

こちらでは、加齢による髪の毛のボリューム低下の理由を詳しく解説します。

 

薄毛になる理由を知ることで、対策も立てられるようになりますよ。

 

 

■血行が悪くなるのが原因の一つ!

 

・髪の毛に栄養が送られなくなる

 

髪の毛には、血液が必ず必要です。

 

そもそも、毛を成長させるためには、血液で毛母細胞に栄養を送らなければなりません。

 

これは髪の毛だけでなく、その他の体毛も同じことです。

 

若い時は、血行も良いですよね。

 

血圧も低めで、全身に血液が送られやすくなるわけです。

 

一方で血圧が高くなると、血管が収縮してしまいやすいです。

 

高血圧は年齢が高くなるごとに発症確率がアップしてしまいますよね。

 

高血圧になると、自然と薄毛が発症しやすくなり、髪の毛のボリュームが無くなってしまうわけです。

 

積極的に血行対策をして、加齢による薄毛の発症を抑えましょう。

 

 

■女性ホルモンが低下するのも原因の一つ!

 

・更年期障害以後は髪のボリュームがなくなる

 

髪の毛には女性ホルモンが大きな役割を果たしています。

 

女性ホルモンが最も高まるのは妊娠中です。

 

女性であれば、妊娠中に髪の毛が増えた、なんて感じることもありますよね。

 

女性ホルモンには、髪の毛の成長期を伸ばす、といった効果があります。

 

髪の毛にはサイクルが有り、成長期・休止期・退行期といったものが有ります。

 

髪の毛が成長しているのは成長期のみですが、その期間が短くなると薄毛が発症するのです。

 

完全に成長しきる前に抜けてしまいます。

 

たとえば、男性型脱毛症は、その成長期が短くなるのが大きな問題なのです。

 

髪の毛が産毛にしか成長しない状態になっていることもあるほどです。

 

女性ホルモンは、更年期障害が起こると一気に少なくなります。

 

髪の成長期を伸ばしていたものがなくなり、抜け毛が増える、といった現象に悩まされる人も少なくありません。

 

 

■男性型脱毛症も原因の一つ!

 

・男性の薄毛原因のナンバー・ワン

 

男性型脱毛症は、年齢が高くなるごとに発症確率がアップします。

 

20代は少ないです。

 

30代に入ると少しずつ増え始め、40代になるとある程度の割合になります。

 

そして50代になると、多くの人がAGAになるわけです。

 

男性型脱毛症の影響が表に出て着やすいのも高齢になった時です。

 

男性は特に注意しなければなりません。

 

AGA対策は育毛剤や発毛剤とスカルプシャンプーを併用させるのがおすすめです。

 

頭皮が健康になれば、健康的な髪の毛が生えてきますよ。



スカルプシャンプー比較ランキング