抜け毛が増えた時の対策|生活習慣を見直そう!

 

・髪の毛をセットしていると髪の毛がよく抜ける
・シャンプーをすると髪の毛がよく抜ける
・枕にたくさん髪の毛がついている

 

このような症状に悩まれている方は注意しましょう。

 

薄毛の前兆かもしれません。

 

抜け毛が増えたからと言って、必ず薄毛になるわけではありません。

 

しっかりと対策をしていれば、ある程度の予防はできますし、進行を遅らせることだって可能です。

 

その対策法として特に注目なもので、特にお金がかからないのが生活習慣を見直すことです。

 

では、どのような生活習慣に気を付ければ、薄毛に対処できるのでしょうか。

 

 

■タバコは絶対にやめること

 

喫煙はいけません。

 

健康に悪いとされているものですが、薄毛を促進させてしまうこともわかってきました。

 

・血管を収縮させてしまう

 

タバコのニコチンには様々な悪い影響があることでも知られていますが、特に髪の毛に関しては血圧を高めてしまうことが関連しています。

 

血圧が高くなるということは、血管が収縮してしまい毛細血管まで血液が巡らないことを意味しているのです。

 

髪の毛の成長は、血によって送られる栄養が大きくかかわっています。

 

血管が収縮してしまうと、髪の毛が成長するために必要な栄養が送られなくなってしまい、抜け毛が多くなってしまうことさえあるのです。

 

 

■脂っこい食べ物をやめること

 

20代や30代のころはどうしても脂っこいものがおいしく感じます。

 

甘いものやお肉などにも、たくさんの脂が含まれていますが、それらが髪の毛に対して悪い影響を与えます。

 

・皮脂を過剰に分泌してしまう

 

脂分をたくさん食べ物から摂取すると、それを体は排出しようとします。

 

その結果、頭皮からたくさんの皮脂が分泌されてしまうのです。

 

皮脂は多すぎると、皮膚の上にいる菌が繁殖してしまいます。

 

その菌が悪さをして、皮膚に炎症を越してしまうこともあるのです。

 

頭皮でもそのような状況になってしまうこともあるので、食べ物には気を使うべきです。

 

 

■運動を行うこと

 

激しい運動をする必要はありません。

 

実は、運動をしないことが薄毛を促進させてしまうことがあるのです。

 

・血行を高める
・ストレスを解消する

 

運動にはこのようなメリットがありますが、どちらも抜け毛に大きく関連してきます。

 

前述したように、血管が収縮してしまっている状況は髪の毛にとって良くありません。

 

一方で、運動をすると血行が良くなります。

 

血管を拡張してくれるのです。

 

髪の毛に栄養が送りやすい状況を創出します。

 

運動をするとストレスが解消されます。

 

ストレスにも血管を収縮させてしまうといった効果があります。

 

ストレスを運動で解消できれば、髪の毛にとって良い状況が生まれるのです。



スカルプシャンプー比較ランキング