女性も髪の毛は重要!見た目年齢は髪のボリュームで決まる!

女性の薄毛が広まっています。

 

薄毛の原因は様々あるのですが、実際に悩んでいる人は増える傾向にあるのです。

 

なぜ女性が薄毛に悩むのでしょうか。

 

それは見た目年齢に大きなマイナスが出てしまうのです。

 

こちらでは女性の薄毛と容姿の関係性について解説します。

 

 

■女性の髪の毛のボリュームがなくなるとどうなるの?

 

・見た目年齢が5歳以上老けてしまうことも

 

女性は男性ほど薄くならないのは事実です。

 

基本的に、女性にはAGAは発症しません。

 

男性のように局所的に髪の毛が薄くなる、といった現象は起こらないのです。

 

しかし、「びまん性脱毛症」といったものが発症してしまいます。

 

髪の毛が全体的に少しずつ薄くなってしまうのです。

 

髪の毛のボリュームが無くなってしまい、髪型がぺしゃんこになりだしたら要注意です。

 

実際に、髪の毛のボリュームがなくなると5歳から10歳程度年上に見られてしまうこともあるのです。

 

女性にとっては非常にきついことですよね。

 

だからこそ、ウィッグなどを活用している人が多いわけです。

 

 

■なぜ女性の髪の毛のボリュームがなくなってしまうのか?

 

・更年期障害の影響である

 

女性は40代なかばから50代前半にかけて更年期障害を迎えます。

 

閉経になるにあたり、体に大きな変化が出てくるわけです。

 

その中でも特に大きなのが、女性ホルモンの減少です。

 

女性ホルモンが減ってしまうと、髪の毛の成長に大きな変化が出てくるのです。

 

女性ホルモンに血行の促進作用、といったものが有ります。

 

しかし、その作用がなくなると髪の毛の成長が阻害されるようになるわけです。

 

血液は髪の毛の栄養分となるので、その栄養が行き届かなくなるわけです。

 

結果、髪の毛の成長スピードが遅くなってしまったり、細くなってしまったり、といったことになります。

 

当然ボリュームもなくなってしまいます。

 

更年期障害による女性ホルモンの減少には、もう一つの注意点があります。

 

それは女性ホルモンの髪の毛の成長期に関わる作用に関連しています。

 

女性ホルモンには、髪の毛の成長期感を長くする、といった作用があります。

 

要は、髪の毛が抜けにくくなるような機能があるのです。

 

いつまでも髪の毛が成長し続ければ、髪の毛がたくさん生えている状態になりますよね。

 

しかし、更年期障害を迎え女性ホルモンが減りだすと、髪の毛の成長期が短くなり始めます。

 

髪の毛の抜けるスパンが短くなってしまうのです。

 

その結果、生えている髪の毛の量が少なくなり、髪のボリュームが減ってしまいます。



スカルプシャンプー比較ランキング