スカルプシャンプーって髪の毛がごわつくものなの?

育毛を成功させるためにも、スカルプシャンプーを利用している、といった方も増えています。

 

お笑い芸人お雨上がり決死隊の宮迫さんもスカルプシャンプーを利用して見事に復活した、とされていますよね。

 

しかし、スカルプシャンプー利用者に不満がないわけではありません。

 

実は、使用後に髪の毛がごわついてしまった、といった報告が非常に多くあるのです。

 

こちらではスカルプシャンプーとごわつきの関係性について詳しく解説します。

 

 

■初期のスカルプシャンプーはごわついていたが・・・

 

・近年のタイプはごわつきが軽減されている

 

初期のスカルプシャンプーは、頭皮の安全性といったものをかなり重視していました。

 

それは良いことでも有りますが、髪の毛については全く考えていなかったのです。

 

坊主頭の男性であれば、それでも良いかも知れません。

 

しかし、髪の毛がごわついてしまえば、セットするだけでも大変なのです。

 

そんな苦情が多く寄せられて、各スカルプシャンプーメーカーは改良を重ねています。

 

近年発売されているスカルプシャンプーに関しては、ごわつきは大きく改善されており、一般的な石油系のシャンプーの洗いあがりとほとんど変わらなくなりました。

 

たとえば、あの有名なスカルプDですが、以前は非常にごわつきがあったのです。

 

しかし、リニューアル後はそんな苦情が寄せられることもほとんどなくなりました。

 

実際に改善されたのです。

 

 

■洗浄力の強いタイプのスカルプシャンプーはごわつきやすいので注意しよう

 

・アルカリ性のシャンプー剤は危険である

 

洗浄力の強さで有名なシャンプーといえば、石鹸シャンプーが有りますよね。

 

石鹸シャンプーはアルカリ性であり、弱酸性タイプの頭皮の毛穴を開かせる、といった効果があるのです。

 

毛穴が開くことによって、毛穴の奥にある皮脂をも除去できるわけです。

 

しかし、アルカリ性の影響で、髪の毛がごわつく、といった症状が生まれます。

 

実際に、石鹸シャンプー利用後は、リンスの利用が欠かせない、とされているわけです。

 

しかし、現在のスカルプシャンプーの多くは弱酸性タイプとなっています。

 

弱酸性は、頭皮と同じ性質となっているので、優しい洗いあがりとなっているのです。

 

強い影響を頭皮に与えてしまうことはありません。安全性が重視されているのです。

 

髪の毛に与える影響も少なめなので、ごわつきの心配もほとんどなくなりました。

 

スカルプシャンプーを利用してどうしてもごわつきが気になるのであれば、リンスを活用して下さい。だいぶ落ち着くはずです。



スカルプシャンプー比較ランキング