真実はいかに!シャンプーは毎日しないとダメですなのか?

作家の五木寛之さんは、年に数回しか髪の毛を洗わない、といったことでも知られています。

 

それだけシャンプー回数が少ないにもかかわらず、髪の毛がフサフサなわけですよね。

 

その状態を見て、シャンプーをするからこそハゲるのではないか、シャンプーをしないほうが良いのではないか、と思っている人もいるわけです。

 

こちらでは、シャンプーは毎日すべきか、それとも毎日する必要はないのか、といったことをお話します。

 

 

■シャンプーは1日に1回は行っておくべき

 

・汚れや皮脂は落とそう

 

シャンプー回数が少なければ、それだけ皮脂と汚れが頭皮に蓄積されることになります。

 

それらは菌の餌となり、頭皮に菌が繁殖しやすくなります。

 

その結果、頭皮に問題が起こって薄毛を招いてしまうことも考えられます。

 

その日の汚れはその日のうちに落としておくべきです。

 

菌の繁殖を抑えるためには、菌に餌を与えないのが一番ですよね。

 

そのためにはシャンプー、特に育毛を目指しているのであればスカルプシャンプーを利用しましょう。

 

 

■1日あたり2回以上シャンプーしても平気?

 

・高頻度のシャンプーはお勧めできない

 

シャンプーをすることで頭皮が綺麗になることは間違いありません。

 

菌を減らせるわけです。

 

しかし、シャンプーの回数が多いと、別の症状を招いてしまうこともあるのです。

 

 

・頭皮の皮脂が減りすぎると、かえって増やそうとする場合あり

 

もちろん、シャンプーを多く行えば、頭皮の皮脂がなくなるので乾燥肌になってしまう、といったリスクも有ります。

 

乾燥肌も薄毛を招く一つの要因になります。

 

しかし、感想とは全く別の状況が生まれてくることも有ります。

 

1日2回以上のシャンプーを実施すると、一時的に頭皮がひどい乾燥状態になります。

 

その状態を頭皮は危険である、と判断します。そこで皮脂腺を活発に動かして、大量に分泌するように命令してしまうのです。

 

せっかくシャンプーをして皮脂を除去して頭皮を綺麗にしたのに、シャンプー後1時間や2時間で頭皮が皮脂で覆われてしまうことも有ります。

 

臨んだことと全く逆の効果を得てしまう可能性も高頻度のシャンプーではあり得るわけです。

 

1日1回のシャンプーを基本として実施して下さい。

 

夏場など、汗をたくさんかいてしまった場合には、シャンプー剤を使わずお湯だけで頭皮の汗を洗い流す、といった方法もおすすめです。

 

お湯にはシャンプー剤ほどの皮脂の除去力がないので、大きなマイナスはありません。



スカルプシャンプー比較ランキング