意外と知らないシャンプーのすすぎ時間の目安とは

シャンプーは頭皮を綺麗にすることが出来ます。

 

毎日行うのがベストとされているのですが、特に注意して欲しいのが実はすすぎです。

 

頭髪の専門家の中には、シャンプーは洗っている時よりもすすぎのほうが大事、なんてことを述べている方もいるほどなのです。

 

こちらでは、シャンプーとすすぎの関係性についてお話します。

 

まずは、どれくらいの時間に渡ってすすげばよいのか、といったことから述べさせてもらいますね。

 

 

■洗う時間の3倍が目安!

 

・シャンプーが1分なら、すすぎは3分

 

あまりに長くて驚いた人もいるかもしれません。

 

しかし、シャンプー剤が頭皮に残ってしまうと大変なことになります。

 

お肌が傷んでしまい、薄毛の原因を作ってしまうかもしれないのです。

 

ちなみに、シャンプーのすすぎ残しで起きる現象には、大人ニキビと呼ばれているものも有ります。

 

大人ニキビが背中に出来る人もきっと多いですよね。

 

背中にできている人は、シャンプー剤が髪の毛から流れ落ちて、原因となっているのです。

 

それだけシャンプーにはお肌に大きな原因を与えるチカラがあるわけです。

 

3倍の時間がかかる理由として、髪の毛も関係しています。

 

頭皮のシャンプーがしっかりと落ちたとしても、髪の毛についていると、それがまた垂れてきて頭皮やその他の皮膚を痛めてしまうこともあるのです。

 

シャンプーに掛けた時間の3倍の時間をしっかりとすすぎに費やして、シャンプー残りがないようにして下さいね。

 

 

■すすぎをする時のコツとは?

 

・強いシャワーですすがないこと

 

確かに、強い水圧のシャワーですすげば短時間で済むかもしれません。

 

シャンプー剤が効率的に、頭皮や髪の毛から除去されます。

 

一方で、素良い水圧のシャンプーは頭皮に刺激を与えてしまいます。

 

頭皮を痛めてしまう原因にもなりかねません。

 

すすぎを行う時は、なるべく弱い水圧のシャワーを利用してください。

 

ゆっくりとシャンプー剤を洗い流す、といった手法がおすすめです。

 

 

・高温のお湯は使わないこと

 

高温のお湯に関しては、皮膚に刺激を与えてしまいます。

 

我々の皮膚は保湿されていることで、バランスをとっています。

 

バリア機能も兼ね備えているのです。

 

しかし、高温のお湯を頭皮にあててしますと、頭皮の毛穴の奥になる必要不可欠な皮脂まで洗い流してしまいます。

 

もう一つ注意して欲しいのが、お肌の保湿物質であるセラミドです。

 

セラミドは熱いお湯の影響を受けると流出してしまう、といった特徴があります。

 

高温のお湯は頭皮のバランスまで崩してしまうかもしれないのです。



スカルプシャンプー比較ランキング