まさか!パソコン、ゲームばかりしていると薄毛になるって本当?

パソコンやゲームをすると目を使ってしまいます。

 

誰にでも当てはまることではありませんが、薄毛を促進させてしまうことがあるのです。

 

こちらでは、パソコンやゲームをすることによって目を酷使すると、髪の毛にどんな影響が出てしまうのか、といったお話をさせてもらいます。

 

 

■目を酷使することで血行不良を招いてしまう

 

・肩こり・首こりは血行不良のサイン

 

パソコンやゲームを長時間行ってしまうと、首が凝ってきたり、肩が凝ってきたりしますよね。

 

目を使うことで、首や肩に血行不良状態を起こしてしまうのです。

 

肩や首が血行不良状態になると、頭皮に送られる血液に大きな問題が発生してしまいます。

 

血流量が少なくなってしまうのです。

 

その結果、髪の毛に栄養が送られにくくなってしまいます。

 

髪の毛の成長が阻害されてしまい、薄毛を促進させてしまうかもしれないのです。

 

 

・パソコンやゲームとはどのような付き合い方がおすすめなのか?

 

パソコンの利用については、仕事で利用しているケースも極めて多いと思います。

 

仕事であれば、使うのを辞める、といったことはできません。

 

そこで注目して欲しいのが、連続利用をなるべく控える、といったことです。

 

1時間や2時間に1回は必ず休憩を入れてください。

 

休憩中には遠くを見る、といったことをおこなうのです。

 

目を休めることになるので、血行不良を防ぐことにもなります。

 

ゲームに関しても、長時間はやめてください。

 

30分から40分で一区切り、といった感じにしておくのがおすすめですよ。

 

1日あたり、1時間から2時間くらいに限定して楽しむ、といったことも大事です。

 

3時間も4時間もやってしまうと、目の疲れもひどくなりますし、血行不良の度合いも高くなってしまいます。

 

 

■髪の毛の生成に使われる成分が目の修復に使われてしまう

 

・L-システイン
・ビタミンB群

 

パソコンやゲームをすることで、目が疲れてしまった場合には、上記の成分が使われてしまいます。

 

眼精疲労の回復に必要な成分なのです。

 

しかし、問題なのは、それらの成分は髪の毛にも重要、といったことです。

 

L-システインは髪の毛の合成に大きな役割を果たしています。

 

ビタミンB群に関しては、頭皮環境の改善、というものにも関わっています。

 

それらの大事な成分が髪の毛に生成に全く利用されなくなってしまいます。

 

サプリメントなどで摂取することも考えるべきですが、なるべく目に消費させないようにすべきです。



スカルプシャンプー比較ランキング