知りたい!AGAになるタイプ人の特徴とは?

AGAに将来自分がなるのか、といったことが知りたい方は少なくありません。

 

そこで、こちらでは、自身に男性型脱毛症が発症することがあるのかを調べる方法を教えします。

 

その方法を知っていればAGAになるタイプの人の特徴を知ることになりますよね。

 

 

■母方の祖父が薄毛である

 

・AGAは遺伝によって引き起こされるもの

 

我々にはどうしようもないことですが、AGAは基本的に遺伝なのです。

 

急に発症するわけではなく、AGAになる人は、AGAになるべくして生まれてきました。

 

しかし、遺伝は父親からされるわけではありません。

 

自分の父親が薄かったとしても、自身が薄くなるわけではないのです。

 

実は、AGAの遺伝は母方遺伝であることが分かっています。

 

母親は女性なので、もちろんAGAにはなりませんが、その父親が薄毛であると、遺伝されてくるわけです。

 

ですから、母親の父親(母方の祖父)の頭髪状況をチェックすれば自分にAGAが発症するかがなんとなくでも分かるわけです。

 

ただし、あくまでAGAになりやすいだけで、進行についてはかなりの差があります。

 

ゆっくり進行する人もいれば、あっという間に進行してしまう人もいますよ。

 

 

■髪質からAGAになるタイプが分かる

 

・若い時の髪質が濃い人はAGAになりやすい?

 

10代や20代など、まだAGAが進行していない時の髪質が濃い人は、将来的にAGAになってしまう可能性があります。

 

AGAの原因物質の一つが男性ホルモンです。

 

男性ホルモンは男性型脱毛症にも関わっていますが、毛を濃くする作用も併せ持っているのです。

 

代表的なのがヒゲですね。

 

他にも体毛が女性よりも濃いのは男性ホルモンの影響なのです。

 

ここで何が言いたいのかといえば、男性ホルモンが髪の毛に対して影響を与えやすい体質なのか、それとも与えにくい体質なのか、といったことです。

 

仮に、若い時から髪の毛の細い方は、ホルモンの影響を受けにくいことが分かります。

 

一方で、髪の毛が濃かった人は、ホルモンの影響を受け易いことが分かるわけです。

 

ですから、男性型脱毛症が発症する確率が極めて高くなります。

 

 

・抜け毛に細い毛や短い毛がまじりだす

 

抜け毛の質に変化が現れてくるのも薄毛のサインになります。

 

髪の毛の成長がおかしくなってきているのです。

 

男性型脱毛症は、髪の毛の成長を阻害されてしまうことによって生まれてしまいます。

 

抜け毛の質が悪くなってくると、すでにAGAが発症していると考えられます。

 

仮に薄毛になっていなかったとしても、将来的に薄毛になってしまう可能性は極めて高いですよ。



スカルプシャンプー比較ランキング