男性はコンディショナー・トリートメントはしないほうが良いのか

女性が髪の毛の健康をまもるために利用しているものとして、コンディショナーやトリートメントがあるわけです。

 

それらのものを男性は使っても良いのでしょうか。

 

それとも不必要なのでしょうか。詳しく調べてみました。

 

 

■人によっては必要になることもある

 

・髪の毛の長い男性に利用する価値はある

 

コンディショナーとトリートメントは、髪の毛を修復させるために利用するわけです。

 

髪の毛の長い女性は、染色したりドライヤーなどで髪の毛が弱っていることが多いです。

 

そこで、トリートメントとコンディショナーを使って髪の毛を修復しています。

 

男性の中にも、髪の毛が長い人はいますよね。

 

そんな人には、トリートメントとコンディショナーの利用はおすすめになります。

 

利用することで、切れ毛などのリスクを低減させることが出来るのです。

 

ただ、問題になってくるのが、一般的な髪の毛の長さの男性です。

 

一定以上の長さになってしまうと、髪の毛の痛みを気にしなければなりませんが、ほとんどの男性は髪の毛がそんなに長くはあありません。

 

サラリーマンとして働いていれば、ロン毛にはできませんよね。

 

しかも、現状では、どちらかと言えば短髪ブームが来ています。

 

そんな髪の毛の短い人にコンディショナーとトリートメントは必要なのでしょうか。

 

 

■短髪男性には必要なし

 

・リスクのほうが大きい

 

髪の毛が長い人であれば、コンディショナーとトリートメントは髪の毛だけにつけることもできます。

 

しかし、髪の毛が短い人が利用したとしたらいかがでしょうか。

 

頭皮についてしまいませんか。

 

そもそも、コンディショナーとトリートメントは髪の毛に使用するものです。

 

頭皮につけるものではありません。

 

コンディショナーやトリートメントが頭皮についてしまうと、それだけでも刺激に感じてしまうわけです。

 

頭皮が炎症してしまう原因となってしまいます。

 

特に洗い残しの状態を作ってしまうと最悪です。

 

痒みが出てきてしまうこともあるんですよ。

 

そもそも、トリートメントとコンディショナーは吸着力が強く頭皮につくとなかなか落ちない、といった性質もあるから厄介なんです。

 

髪の毛の短い男性は、リスクがどうしても高いので利用は控えるべきです。

 

 

・洗い流さないトリートメントの利用に注目

 

どうしても利用したい場合には、洗う必要のないトリートメントを髪の毛だけにつけてください。

 

頭皮まで液ダレしてくることも考えられないので、比較的安心して利用できるのです。



スカルプシャンプー比較ランキング