スカルプシャンプーの正しい使い方を徹底調査

 

スカルプシャンプーを頭皮のために使うのは大事です。

 

頭皮を健康にして、健やかな髪の毛が生えてくる環境へ導かなくてはなりません。

 

しかし、シャンプー方法によっては、しっかりとした結果が得られない場合もあります。

 

実はシャンプーには正しい使い方があります。

 

それを守らなければ、いくら素晴らしいスカルプシャンプーを利用したとしても効果が出てこないかもしれません。

 

こちらでは、正しいスカルプシャンプーの利用法について解説します。

 

 

■頭皮につける前に重要なこと

 

・頭皮をしっかりとお湯でぬらすこと

 

湯シャンプーといったものを知っているでしょうか。

 

お湯だけで頭皮を洗うことを指しているのですが、実際に非常におすすめでもあります。

 

お湯だけでもある程度の皮脂は落ちますし、髪の毛についた汚れも落ちます。

 

シャンプーの準備として、必ずお湯でしっかりと頭皮と髪を濡らしましょう。

 

・シャンプー剤は頭皮につける前に泡立てること

 

シャンプーをまずは手に付けて、しっかりと泡立ててから頭皮につけてください。

 

原液のまま頭皮につけてしまうと、頭皮が刺激されてしまうこともあるのです。

 

刺激を少なくさせるためにも非常に大事な準備です。

 

ちなみに、泡を使って頭皮を洗うことで、お肌を気付付けにくくなるといった効果もありますよ。

 

 

■洗い方をマスターしよう!

 

・指の腹を使って洗うこと

 

絶対にしてはいけないのが、爪を立てて洗ってしまうことです。

 

爪を立てると、頭皮を傷つけてしまうことにもなりかねません。

 

さらに、髪の毛の根元を痛めてしまうこともあります。

 

“切れ毛”の原因を自分で作ってしまうかもしれません。

 

指の腹で頭皮をつかんで、頭皮を動かすように洗髪してください。

 

あまり強く指の腹を押し付けるのではなく、軽くつかんで頭皮を軽く前後左右に動かす感じで問題ありません。

 

 

■シャンプーが終わった後に注意点!

 

・シャンプー剤を頭皮に残さないこと

 

確かに、スカルプシャンプーには素晴らしい成分がたくさん含まれています。

 

しかし、シャンプー剤が頭皮に残ると、炎症の原因となってしまいます。

 

必ず洗い流しましょう。すすぎについては確実に行うべきです。

 

・乾かし方にも注目

 

シャンプーが終わったら、まずはタオルドライです。

 

坊主など髪の毛が短い方はこれで終了ですが、一般の方はドライヤーを使ってさらに乾かしましょう。

 

その時は頭皮から一定距離は離すべきです。

 

近づけたままにすると、頭皮が痛んでしまう原因にもなりかねません。

 

頭皮を過度に乾燥させてしまうことだってあるのです。

 

シャンプー後も大事なので、最後まで気を抜かないでくださいね。



スカルプシャンプー比較ランキング