頭皮が色白だと、頭皮は健康なの?それとも不健康?

頭皮を見てみると、どんな色をしているでしょうか。

 

色白でしょうか。それとも他の肌の同じような色合いをしているでしょうか。

 

こちらでは頭皮の色と頭皮の関係について詳しく解説します。

 

色によって、あなたの頭皮が健康であるか、不健康であるかが分かるんですよ。

 

 

■頭皮が白いほうが正常である

 

・青白い色をしているべき

 

頭皮は青白い色をしている方が良いとされているのですが、その理由として日焼けがあります。

 

頭皮は日焼けしていない状態が良いとされています。

 

一般的には、髪の毛によって頭皮は守られているので、日焼けすることがないのです。

 

しかし、髪の毛の分け目などから日焼けしてしまうことがどうしてもあるのです。

 

日焼けはそもそもやけどしているのと全く同じ状態になります。

 

頭皮がやけどしていれば、当然、綺麗な髪の毛は生えてきませんよね。

 

髪の毛が細くなったり、長く成長しなかったり、といった状態になってしまうかもしれないのです。

 

 

・頭皮の日焼け対策はどうすればよいのか?

 

帽子を有効活用してください。

 

夏は帽子をかぶる、といったことをしている方もいると思います。

 

しかし、夏だけの対策では良くないのです。

 

紫外線が降り注いでくるのは、夏だけではありません。

 

冬だって紫外線はあるわけです。

 

冬に帽子をかぶらずに昼間行動していると、頭皮が日焼けしてしまうこともあるんですよ。

 

ですから、外出時はなるべく帽子をかぶるようにしてください。

 

女性に関しては、日傘を有効活用するのもおすすめです。

 

日傘は帽子ほどではありませんが、一定の紫外線をカットすることにもつながってきます。

 

 

■頭皮が赤くなっている時はかなり危険である

 

・脂漏性皮膚炎の可能性あり
・頭皮ニキビの可能性あり
・頭皮アレルギーの可能性あり

 

頭皮が赤くなってしまっている状態は、紫外線よりも危険性がある、とされています。

 

頭皮のバランスがおかしくなって、赤くなっていることが多いからです。

 

特に注意して欲しいのが、皮脂の量です。

 

皮脂の量が増えてしまうと、頭皮が赤くなってしまうことが多いのです。

 

皮脂は最低限、頭皮に必要なものですが、一定量以上になってしまうと頭皮の菌を大量発生させてしまうのです。

 

実は、皮脂は菌の餌になっているからです。

 

ニキビが頭皮によく出来る方も、皮脂が大きく関わっています。

 

炎症は菌が起こしてしまうものなので、頭皮はなるべく清潔に保って、青白い色合いを保ちましょう。



スカルプシャンプー比較ランキング