育毛のためには髪の毛は染めない方が良いのか?

髪の毛は年齢を重ねるごとに、様々な理由から薄くなってしまうものです。

 

その理由の中には、染髪が影響することもある、といった話もあります。

 

それは事実なのでしょうか。詳しく解説します。

 

普段から髪の毛を染めており、最近になって薄くなってきてしまった、と悩んでいる方は必見ですよ。

 

 

■薄毛を隠せるいかも知れないがしないほうが良い

 

・頭皮にとっては刺激物である

 

染髪で使われる薬剤に関しては、頭皮に強い影響を及ぼしてしまうことが分かっています。

 

頭皮に問題が起こってしまえば、良い状態の髪の毛が生えてこないことだって十分に考えられるわけです。

 

確かに、染髪をして薄い色合いに髪の毛を染めると薄毛は目立ちにくくなります。

 

そういった効果を求めて、金髪に近い髪型に染め上げている芸能人の方もいますよね。

 

しかし、そんなことをしたからといって髪の毛が復活するわけでもありません。

 

さらに状態が悪化してしまう可能性さえあるわけです。

 

育毛をして髪の毛を復活させたいと本気で願っているのであれば、染髪は利用しないでくださいね。

 

 

■なぜ髪の毛を染めるのは良くないのか?

 

・ヘアーカラーリング剤に問題がある

 

頭皮に付けなければ育毛に関しては大きな影響はありません。

 

しかし、根本までしっかりと染めたいと誰しも思うのです。

 

その時に、どうしても頭皮にヘアーカラーリング剤がついてしまいます。

 

実はそれが問題になってしまうのです。

 

ヘアーカラーリング剤ですが、パラフェニレンジアミンなどの酸化染料が含まれます。

 

髪の毛を永久的に染めるわけですから、いかに強い薬剤であるかはわかると思います。

 

そのパラフェニレンジアミンと呼ばれるような薬剤に関しては、「ジアミン系酸化染料」と呼ばれています。

 

実は、そのジアミン系は皮膚アレルギーを起こしやすい成分として知られています。

 

定期的に利用してしまうとアレルギー藩王を起こして頭皮がかぶれてしまうことまであります。

 

美容室に行くと美容師さんの手がかぶれているケースも有ると思います。

 

実はそれには、ジアミン系が関わっている可能性が極めて高いのです。

 

・アルカリ性の薬剤にも問題がある

 

アンモニア系の成分も毛染め薬には含まれています。

 

そのアルカリ系の成分は、髪の毛の状態を悪化させてしまう可能性があります。

 

髪の毛がパサパサの状態になったり細くなってしまうこともあります。

 

髪質の低下によっても薄毛が発生する可能性があるので、どうしても使う場合には細心の注意が必要です。



スカルプシャンプー比較ランキング