スカルプシャンプー後の対処法|ドライヤーの上手な使い方

スカルプシャンプーを有効活用したとしても、薄毛治らない例はたくさんあります。

 

実は、そのシャンプーの後にちょっとした対応を誤ったおかげで、結果が得られていないケースが多いのです。

 

こちらでは、シャンプー後の乾燥方法について詳しくお話します。

 

 

■タオルドライを忘れないように

 

・ドライヤーのみで乾かすのは厳禁

 

確かに、ドライヤーには乾かす機能があります。

 

しかし、びしょびしょに濡れた髪の毛を乾かすのはかなり時間がかかります。

 

しかも、熱風を利用しているので、長時間利用は危険性が高いです。

 

髪の毛の水分ですが、ある程度はタオルで取り去ってください。

 

水分が少なくなってきたところで、ドライヤーを使うのです。

 

ドライヤーの使用時間を短く出来て、頭皮の影響を最小限にできるわけです。

 

 

■ドライヤーの温度はなるべく低めに

 

・冷風も効果的に活用しよう

 

ドライヤーの中には、温かい風が出てくるものと常温の風邪が出てくるものもあります。

 

髪の毛が短いのであれば、常温の風だけでもかなり乾くので、温風はなるべく使わない、といった方法がお勧めです。

 

温風を使ってしまうと、頭皮が熱い風にさらされます。

 

特に頭皮の乾燥を加速させてしまう可能性があるのです。

 

髪の毛が長い方は使わざるをえないと思いますが、利用時間はある程度制限すべきです。

 

 

■頭皮から一定の距離を話して使うこと

 

・30センチ以上が理想

 

頭皮から近い位置でドライヤーを使うのは、自殺行為になりかねません。

 

熱風が髪の毛と頭皮に襲いかかり、痛めてしまうのです。

 

距離を測るのは難しいと思いますが、30センチがひとつの目安になります。

 

一定の距離を離してドライヤーを使ってくださいね。

 

※あまりに近距離で使うと、熱風の影響で髪の毛のキューティクルがめくれ上がってしまいます。
パサパサした髪になり、まとまりが無くなってしまうのです。

 

 

■完全に乾かそうとはしないこと

 

・ある程度の湿気長くなればオッケー

 

途中まではドライヤーを使って乾かし、仕上げは扇風機を使う方法もあります。

 

冬の季節に扇風機は難しいかもしれませんが、夏であれば利用はかなりしやすいはずです。

 

 

■シャンプーを使うのが危険であれば、使わなければよいのではないか?

 

・湿気がある状態を放置すると頭皮に菌が発生する

 

菌は湿気のあるところに発生するメカニズムを持っています。

 

ドライヤーを使って乾かさずに濡れたまま寝てしまうのは最悪です。

 

頭皮に炎症が起きてしまうなど、さまざまな問題が出てくるので、ある程度は乾かしてから休んでくださいね。



スカルプシャンプー比較ランキング