洗浄力ならスカルプシャンプーが最適!その理由とは?

スカルプシャンプーと言えば、育毛効果がある、と思われがちですが、スカルプシャンプー本来の効果は、「最適な洗浄力」です。

 

ここでは、スカルプシャンプーの誤解を解きながら、スカルプシャンプーの洗浄力について徹底的にご紹介します。

 

 

@ スカルプシャンプーの最大の効果は洗浄力!

 

スカルプシャンプー=育毛シャンプーという誤った認識が広まっています。

 

その原因は有名お笑い芸人が出演していたスカルプシャンプーのCMです。

 

あれを見ると、スカルプシャンプーを使うと髪の毛が生える、と誤解してしまいます。

 

しかし実際にはスカルプシャンプーには育毛成分は含まれていません。

 

発毛が期待できる成分は一切入っていないのです。

 

なのにどうして彼は髪の毛が生えたのでしょうか?

 

その理由は、洗浄力。

 

適度な洗浄力が頭皮と毛母細胞を活性化させ、正しい発毛サイクルを取り戻し髪の毛が生えてくるのです。

 

洗浄力は強すぎても、弱すぎてもいけません。

 

 

A スカルプシャンプーの洗浄力が最適な理由

 

人間の頭皮には日々汚れと皮脂が蓄積しています。

 

その汚れや皮脂はきちんと洗浄しなければ毛穴をふさぎます。

 

毛穴をふさぐとその奥にある毛母細胞という、髪の毛を作る細胞へ栄養が行き届きません。

 

毛母細胞に栄養が行かなければ生えてくる髪の毛も元気を失い、コシがない細いものになってしまいます。

 

そして生えている髪の毛も抜けやすくなります。

 

だからといってすべての皮脂を取り除くのはNG。

 

皮脂をすべて洗い流してしまうと頭皮が、皮脂が足りない!と判断してもっと沢山の皮脂を分泌します。

 

そうすると、洗浄する→乾燥する→皮脂を出す→もっと洗浄する→もっと乾燥する→もっと皮脂を出す、という悪循環が生まれてしまうのです。

 

これは毛母細胞にとっては最悪の環境です。

 

栄養が全くいきわたりません。

 

そこで登場するのがスカルプシャンプー。

 

スカルプシャンプーの主成分アミノ酸は、頭皮に必要な皮脂を残しつつ汚れをしっかりと落してくれるので、頭皮にとって最適な環境を作り上げることができるのです。

 

これまでのシャンプーは頭皮に必要な皮脂まで洗い流していましたが、新成分アミノ酸は残すものは残し、いらないものは洗浄する、という優れた機能を持っています。

 

それがスカルプシャンプーの洗浄力が優れていると言われるゆえんです。

 

強すぎず弱すぎない洗浄力が、頭皮の環境を整え、結果的に発毛につながっているのです。



スカルプシャンプー比較ランキング