スカルプシャンプーの種類と効果を分かりやすく徹底解説!

スカルプシャンプーってありがたいことに数え切れないほど発売されていますよね。

 

大手化粧品会社から専門会社、小さな化粧品会社までありとあらゆる美容関係の会社がスカルプシャンプーを発売しています。

 

それって嬉しいことなのですが、種類が多すぎてどれを選んだらよいのか分からない、という迷える子羊を生み出してしまうことも…。

 

ここでは、そんな迷える子羊を救うべくスカルプシャンプーとその効果をまとめてみました。

 

これを読めば、もうスカルプ選びは簡単ですよ。

 

 

@ アミノ酸が主成分のスカルプシャンプー

 

アミノ酸系のスカルプシャンプーは、スカルプシャンプーの主流です。

 

アミノ酸は、頭皮に必要な皮脂を残しながら、余分は皮脂を洗い流してくれるので、頭皮環境を最適に保つことができる優秀な成分です。

 

実際に多くの会社がアミノ酸をスカルプシャンプーの主成分としていることからも、その効果の高さは計り知れますよね。

 

スカルプシャンプー初心者さん、どれを選んだらよいか分からない、という人はとりあえずアミノ酸系のシャンプーを選んでおいて失敗はありません。

 

アミノ酸系と一口に言っても沢山ありすぎてどれを選んだらよいかわからない、と言う人はプラスアルファの効果に注目をしてみましょう。

 

保湿力なのか、爽快感なのか、いいにおいがするのか、など自分が気になるポイントを押さえているものを選ぶとよいでしょう。

 

 

A 石鹸系スカルプシャンプー

 

石鹸が主成分ながらも頭皮の汚れをしっかり落とすことができるシャンプーです。

 

業界の中では、異端児で主流ではありません。

 

しかし、石鹸系スカルプシャンプーは成分にこだわりがあり天然由来ものを使い頭皮への刺激を最低限に抑えているものもあります。

 

日頃から化学合成成分や添加物を気にしている、という人におすすめできます。

 

ただ、石鹸ですので髪の毛のきしみが気になります。

 

日頃から使いなれていない人は、髪の毛が傷んでしまうのでは?

 

と使用を辞めてしまう人もいるほどです。

 

 

B 高級アルコール系スカルプシャンプー

 

高級アルコールとは、日頃私たちが使っているほとんどのシャンプーやボディソープに含まれている成分です。

 

安価で大量に生産できるため長らくシャンプー界で幅を利かせていました。

 

洗浄力が強い分肌に刺激的で、余計な皮脂まで落としてしまうため、スカルプケアの観点からは敬遠されがちな成分です。

 

しかし、現在ではかつての成分よりも若干低刺激なものも発売されています。



スカルプシャンプー比較ランキング